がん保険について知りたい!

dannsei064がん保険はがんとがんと同じような治療法を採用している疾病に対して保障をしている保険の総称です。医療保険の一部ですが、がんや保険で指定している病気に罹患したときだけに保険金が給付されるもので、がん以外の病気、心筋梗塞や脳卒中や怪我などでは保険金が給付されません。
なぜ、がんだけがピックアップされるかというと日本人の3人に1人ががんを主因とする病気で死亡しているということです。そして治療法により生存率が高くなるものの、治療費がかかることを気にする人が多くなってきたことが背景にあります。がんに特化した保険が発売された当初は、がんは不治の病で、長期入院の後に亡くなることが前提でしたが、治療法が向上し入院は短く社会復帰も珍しくなくなったことで新しいタイプの保険が発売されるようになりました。
保険の主な構成は、診断給付金、入院給付金、通院給付金、手術給付金、放射線治療給付金、先進医療の特約などです。保険会社によっては特約で抗がん剤給付金などがあります。保険会社によっては診断給付金のみの保険、医療保険と同じようにトータルパッケージ化されている保険など様々です。
もし加入を考えているのであれば、自分ががんに罹患したときにどのような治療法を選択するかを想像しながら選び、定期的に見直すと無駄を省くことも可能となります。

 
カードローン 審査